2024/04/05

鹿児島県産の絶品うなぎを厳選!通販でお取り寄せできるおすすめ商品4つご紹介

通販で購入する際のうなぎの選び方

通販で購入する際のうなぎの選び方についてご紹介します。購入する前に選ぶ基準を知っておくことで、欲しいと思っている商品をしっかりと選んで購入できます。

今回はうなぎの「分厚さ(食感)」と「タレの味(味の濃さ)」の2つの選び方について解説します。ぜひ参考にしてください。

分厚さ(食感)で選ぼう

通販でお取り寄せするうなぎを選ぶ際は、「分厚さ(食感)」を基準に選びましょう。うなぎと一言でいっても各地のうなぎの特徴や作り方によって、食感の仕上がりが全く異なります。

関東風は蒸して作り上げるためふわっとした柔らかい食感になりますし、関西風は炭火などで焼き上げるためパリッとした食感になります。

ふわっとした食感なのか、パリッとした食感なのか、どちらがお好きなのか食感をイメージして商品を選び、購入すると良いでしょう。また、各地のうなぎの特徴についても少し知っておくと、より理想に近いうなぎを選んで購入することができます。

タレの味(味の濃さ)で選ぼう

分厚さ(食感)以外にも選ぶ基準はあります。それは「タレの味(味の濃さ)」です。分厚さ(食感)と同じく、タレの味も関西や関東の地域によって慣れ親しんだ味が異なるので、好みが分かれるところではあります。自分の好きな味の濃さ・タレの味わいを基準に選ぶことも大切です。

こってりとしたタレ、甘辛いタレ、しょうゆベースのタレなど、さまざまな味がありますので、通販サイトに記載されているタレの味をしっかりと確認した上で購入するようにしましょう。

もしこれが好きだとイメージできる味がない場合でも、さまざまな土地のうなぎを味わってみて、自分の好みの味わいを探すのもまた楽しいと思います。

通販でお取り寄せできる鹿児島産おすすめのうなぎ4選

日本一の養殖を誇る鹿児島県産のうなぎの中でも人気でおすすめな商品を4つご紹介します。

うなぎと一言でいっても蒲焼、白焼などの違った味わいが楽しめますし、一尾や半身、きざみなどのさまざまな大きさにカットしているものがあります。一尾のものは大きく丸ごと美味しく頂けますし、半身やきざみのものはアレンジがしやすいので、丼にしたり他の食材と合わせてみたり、色々な形で楽しむことができます。

ご紹介する商品の中で気になるものがあれば、この機会にお取り寄せしてみてください。

鹿児島県産 うなぎ蒲焼 半身【特大サイズ】 6枚セット

うなぎの蒲焼を半分に切った商品で、1枚が約95gとほど良い大きさで食べやすいサイズになっています。

タレは特製うなぎのタレ(山椒付)15mlが付属しています。タレは、濃厚で香ばしい味わいが特徴で、しょうゆ・みりん・砂糖・でん粉で作られています。

うなぎは、職人さんの手により丁寧に捌かれ、備長炭に近い電気ヒーターとガスで焼き上げています。

加えて、二度のタレ漬けと焼きで、しっかりとした食感・味わいが楽しめておすすめです。

鹿児島県産 うなぎ蒲焼 半身【特大サイズ】 6枚セット購入の方はこちら

鹿児島産 うなぎ蒲焼 きざみうなぎ 10袋セット

うなぎの蒲焼が食べやすい大きさにカットしてある「きざみうなぎ」という商品で、年齢関係なく小さなお子様からご年配の方までが食べやすくておすすめです。

すでに食べやすいサイズにカットされているので、解凍調理したあとはご飯の上に乗せるだけで手軽に「うな丼」を楽しむことができます。ちなみに、小さいサイズにカットされていますが、うなぎの食感や味わいがしっかりと味わえるように大きさにも配慮されています。

きざみうなぎは、アレンジレシピとして使いやすく、最後に余ったうなぎをお茶漬けにして楽しむなど、さまざまなパターンでお召し上がりいただけます。

鹿児島産 うなぎ蒲焼 きざみうなぎ 10袋セット購入の方はこちら

鹿児島県産 うなぎの蒲焼【大】 4尾セット

うなぎの蒲焼「大」という商品で一尾がドンっと大きく入っています。なんと1尾は約156gととっても大きいサイズなので、最初から最後までしっかりとうなぎを味わえて大満足な商品です。

ひとくち食べれば、たっぷりと染み込んだ絶品タレとうなぎの旨味と脂が口いっぱいに広がりますが、脂の味がしっかりと残っていながらも、あっさりと食べられるのでおすすめです。

職人さんがしっかりと手をかけて焼き上げたうなぎを一気に急速冷凍させているので、新鮮な美味しさをぎゅっとそのまま閉じ込めて届けられています。

鹿児島産 うなぎの蒲焼【大】 4尾セット購入の方はこちら

鹿児島産 うなぎ白焼 【中】2尾セット

うなぎの白焼が一尾ドンっと大きく入っている商品です。白焼なので特製うなぎのタレ(山椒付)と焼き塩、ゆずこしょうが付いており、色々な味でうなぎを楽しめる一品です。

うなぎ自体も約143gと大きいため、ふんわり食感で食べごたえ抜群、噛めば噛むほど柔らかい身がほぐれて、美味しさが口いっぱいに広がります。

冷凍で届くので調理の方法で仕上がりが異なります。<美味しい食べ方>を見ながら、最適な状態で召し上がってください。

鹿児島産 うなぎ白焼 【中】2尾セット購入の方はこちら

通販でお取り寄せしたうなぎを美味しく食べる方法

通販で購入したうなぎをより美味しく食べる方法として、いくつかポイントがあります。ちょっとした一手間で美味しくなりますので、ぜひ試してみてください。

届いたうなぎは基本冷凍で発送されるため、調理の方法としては湯煎やグリル、電子レンジなどを使用します。

ふわっとした食感を楽しみたい方は、湯煎がおすすめです。お鍋にお湯を沸騰させ、パックのまま入れて加熱して召し上がってください。解凍済みの場合は、2〜3分程度、未解凍の場合は約3〜4分程度温めると良いです。

パリッとした食感を楽しみたい方は、グリルがおすすめです。タレがしっかりと付いているので、パックからうなぎを出して水道水で綺麗に洗い流しましょう。その後、グリルで焦がさないようにゆっくり焼き上げてください。最後に付属のタレをかけて召し上がってください。

電子レンジで調理する場合は、真空パックからうなぎを取り出してお皿に乗せて、大さじ1杯の水または料理酒をかけて温めていただくとより美味しく食べられます。解凍済みの場合は、500Wで約1分程度、未解凍の場合は、500Wで約2分程度温めると良いです。

通販でお取り寄せしたうなぎのおすすめアレンジレシピ

うなぎの商品は、白焼や蒲焼、食べやすいサイズにカットされたきざみの商品など、いろいろな食べ方を楽しめますので、ぜひアレンジして楽しんでみてください。今回は3つのアレンジレシピをご紹介します。

1つ目は暑い時期にぴったりな「うなぎのタコライス」です。粗く切ったうなぎをご飯に乗せて、レタスやタバスコ、塩、こしょう、レモン果汁、オリーブオイルで味付け味付けしたトマトを乗せて、フレッシュチーズをかければ出来上がりです。

うなぎのタコライスの詳しい作り方はこちら

2つ目は寒くなってくる時期にぴったりな「うなぎとさつまいもの秋色ごはん」です。昆布とお酒、塩、サイコロ状に切ったさつまいも、千切りにした生姜をごはんで炊き、最後の仕上げてうなぎを混ぜれば出来上がりです。

うなぎのさつまいもの秋色ごはんの詳しい作り方はこちら

3つ目はトーストを使用した「うなぎとアボカドのチーズトースト」です。刻みうなぎとスライスしたアボカドをパンに乗せて、ピザ用チーズを乗せてトースターで焼くだけで、美味しいうなぎとアボカドのチーズトーストが完成します。

うなぎとアボカドのチーズトーストの詳しい作り方はこちら

さとうの鰻のサイトでは、ご紹介した以外にも<アレンジレシピ>をたくさんご紹介していますので、ぜひ参考にチャレンジしてみてください。

通販で購入できる国産うなぎの主な産地

うなぎと言っても通販で購入できる商品は数多くあり、国産と書かれていてもさまざまな産地のうなぎ商品があります。

実は日本国内で生産されているうなぎの量は年間に約2トンになると言われていますが、その中でも鹿児島県、愛知県、宮崎県、静岡県の4県で約8〜9割を占めています。(1)

それぞれの産地のうなぎに違いがあるのかご紹介していきます。

鹿児島県

鹿児島県は全国の中でも一位を誇る生産地です。鹿児島という土地は温暖な気候で水の温度も安定しており、シラス台地があるため、そこからろ過された高品質の水での養殖が可能となっています。(2)

高品質の水で育ったうなぎは、臭みもなく、身も分厚くて脂もたっぷり乗っていて絶品です。

鹿児島県内でも薩摩川内市と志布志市が養殖うなぎの2大産地となっています。多くのうなぎの有名店があるため、いつでも美味しいうなぎを味わうことができます。(3)

愛知県

愛知県は全国の中でも二位を誇るうなぎの生産地で、愛知県内でもさまざまな場所で養殖が行われています。愛知県内で採れた若いうなぎを「新仔(しんこ)」と呼び、良質な脂が乗っており、身と皮が柔らかいのが特徴になっています。

愛知県のうなぎは、ビニールハウスの中で加温して育てられており、うなぎの餌にはお餅のような練餌を与えています。(4)

宮崎県

宮崎県は全国の中でも三位を誇るうなぎの生産地となっており、「宮崎うなぎ」という名前で県の水産物ブランドとして認定を受けています。

宮崎うなぎは、200グラム以上などの高い基準をクリアしたもののみが販売されております。また、出荷後に池の中を天日干しにする消毒方法が実施されており、高品質なうなぎを養殖しています。(5)

静岡県

静岡県は全国の中でも四位を誇るうなぎの生産地で、うなぎの稚魚にあたる天然のシラスウナギが採れたり、富士山の伏流水で育った三島うなぎなどがあります。また、温暖な気候で綺麗な水や豊富な餌があるため、うなぎの養殖に適しています。

静岡県のうなぎの特徴としては、関東風・関西風のどちらも味わうことができます。関東風はふわっとした食感が特徴で、関西風はカリッと香ばしい味わいを楽しめます。(6)

鹿児島県産のうなぎをお取り寄せしてみよう!

ここまで鹿児島県産で美味しいと話題のさとうのの商品についてご紹介してきました。(養殖)生産量としても日本一を取っている鹿児島県産のうなぎは、脂も乗っていて臭みもなく絶品ですので、ぜひこれを機会にお取り寄せして味わってみてはいかがでしょうか?

10袋セットや6枚セットなど枚数もさまざまご用意しているので、ご自身で食べるのはもちろん、お友達やご家族にプレゼントするのもおすすめです。

大きさもタレの味も大満足という声が挙がっている商品ばかりなので、お取り寄せをして絶品うなぎで精をつけましょう!

一覧へ戻る